シーバー病

お子さんが『かかとが痛い!』と言ったら、もしかして「シーバー病」かもしれません。

シーバー病は、サッカーや野球などスポーツをしている小学生に多い、足のかかとに痛みや腫れが出る疾患です。

お子さんの様子に、次のような症状の心当たりはありませんか?

  • 運動中だけ痛み、休むと治る(痛みがおさまる)。
  • かかとが痛くて、つま先だけで歩いている。
  • かかと辺りが腫れている。

「シーバー病」は成長期のお子さんに起こるため、“成長痛“と捉えられる場合もありますが、膝のオスグッド病と同じく、「スポーツ障害」のひとつです。

単なる“成長痛”と見過ごさず、早めに整形外科で適切な治療を受けることが必要な疾患です。

シーバー病とは?

シーバー病とは、「踵骨骨端症(しょうこつこったんしょう)」とも呼ばれ、かかとの骨の端骨(踵骨骨端核)がはがれたり、その手前の踵骨軟骨(成長軟骨)*1に炎症が起こったりしている状態です。


*1踵骨軟骨:成長期に見られる軟骨。成長軟骨。大人になると、この軟骨が骨化して、元々のかかとの骨と踵骨骨端核ともくっつき、1つのかかとの骨(踵骨)になります。

シーバー病の症状

初めは運動時の軽い痛みだけですが、次第にかかとをつくと痛いので、「つま先歩き」になります。さらに進行すると、安静にしているときでも痛むようになります。

  1. かかとの痛み・腫れ(運動後などにジーンとする痛み)
  2. かかとを押すと痛い(圧痛がある)
  3. 歩くと痛いので、つま先歩きになる

上記の特徴的な症状に加え、問診(性別・年齢・スポーツ活動の有無など)やレントゲン検査、超音波検査などで診断が確定します。

シーバー病を発症しやすい人:スポーツをしている小学生男児

  1. スポーツを盛んに行っている
  2. 10歳前後の成長期
  3. 足のアライメント(骨や関節の並び)に異常を持っている
    →偏平足(へんぺいそく)・内反足・外反足など
  4. 男の子
    →女児の約2倍

シーバー病はスポーツ全般で起こり得ますが、特にジャンプや長く走ることが多いサッカー・野球・バスケットボール、裸足で競技を行う剣道・体操を熱心に行っている場合に起こりやすくなっています。

また、シーバー病を発症した人のうち、約8割が偏平足など足のアライメント異常(≒骨や関節に不具合)があったとされる報告もあります。

シーバー病の原因

シーバー病の原因は、成長期のかかとへの過剰な負担です。

次の2つの要因が重なることで、未熟な骨や軟骨の一部が剥がれてしまい、痛みや腫れが生じてしまいます。

要因①:未熟な骨が多数存在する「成長期」

シーバー病の発病が多い小学校高学年(10歳前後)は、ちょうど男の子の成長期に重なります。

成長期の子供たちの骨には、元々の骨のほかに、新しく骨になるための“成長軟骨”と“骨端核(骨の端っこの小さな骨)”が多数存在しているため、骨の強度が弱い時期です。

さらに、腱などの軟部組織は、骨と同じように成長できないため、成長期はアキレス腱の柔軟性が低下して、硬くなりやすい状態でもあります。

要因②:かかとへの負担過多

アキレス腱はかかとの骨の端に付着しており、過度な運動によってアキレス腱の牽引力(引っ張る力)を使うと、未熟なかかとの骨端核(踵骨骨端核)に過剰な負担がかかることが直接的な原因です。

さらに、偏平足や外反足など足のアライメント(骨や関節)異常を持つお子さんの場合は、構造的にかかとに負担がかかりやすくなるため、よりシーバー病を発症しやすくなります。

シーバー病と成長痛との違い

成長痛とシーバー病は、どちらも成長期に下肢(足)痛みが出る疾患なので、“成長痛”と呼ばれることがあります。

しかし、シーバー病はスポーツに起因する障害なので、成長病とは「起きやすい年齢層」「痛みが出るときの状況」「レントゲンでの異常の有無」に違いがあり、正確には異なる疾患です。

シーバー病の治療方法

シーバー病もスポーツ障害なので、基本的には「患部を休めること(保存治療)」が治療の中心となります。

①保存治療

  • アイシング(氷)でかかとの周りを冷やす
  • ストレッチ
  • サポーターで固定
  • 消炎鎮痛剤(湿布薬など)
  • 低周波や温熱療法(お風呂で温めることも◎)
  • 装具療法(クッション性の高い靴のインソール、アーチパッドなど)

歩行時にも痛みがある場合は、松葉づえを使って、かかとへの負担を軽減させるケースもあります。

また、足のアライメント異常がある場合は正しい姿勢が取りづらく、かかとへ負担がかかって再発しやすくなります。
そういった場合には、運動用の靴に補正用の装具を継続して装着するとよいでしょう。

②ステロイド注射

痛みや腫れが強く、日常生活に支障がある場合や投薬治療などを行っても改善が見られない場合には、腫れているかかとにステロイド注射(局所麻酔入り)を投与して、炎症・腫れ・痛みを押さえることもあります。

なお、シーバー病では、一般的に機能障害を起こすことはないため、外科的手術が必要になることはほとんどありませんが、初期の段階で発見・早期治療開始することが、結果としてスポーツの早期復帰に繋がります。

シーバー病になったら、スポーツ復帰はいつから?

運動時だけ痛みがある間は、かかと(患部)に負担をかけないよう安静にし、運動量を減らす調整を行う必要があります。
また、歩くだけでも痛みがある場合は、しばらく運動を休んだ方が良いでしょう。

その後は、定期的に痛みの程度とレントゲンでの回復を確認しながら、少しずつリハビリを行い、徐々に運動量を元のレベルに戻していきます。
一般的には1~2か月で、これまで通りのスポーツ復帰が可能となるでしょう。

シーバー病の予防

シーバー病を予防するには、アキレス腱や足底腱膜(そくていけんまく)のストレッチがとても大事です。

シーバー病を予防する!簡単セルフケア

  1. 運動前後・お風呂上りに、ストレッチしてアキレス腱や足底腱膜(足の裏に縦に伸びる腱)を柔らかくしておきましょう。

  2. 運動後は、アイシングをしましょう。
  3. 足にフィットした靴やクッション性のあるインソールを入れた靴を選びましょう。
  4. 正しい姿勢でスポーツをするように心がけましょう。

かかとに痛みが出たら、早めに整形外科へ

 
シーバー病は、成長期が終わり、かかとの骨が成長しきると発症しなくなり、痛みもなくなってきます。

しかし、痛みが起こる原因をスポーツ指導者・親御さんが理解し、早めに適切な治療や指導を行わないと、何度も再発する可能性があります。

また、スポーツ少年少女にとって、長期的な運動制限は、身体能力の低下だけでなくモチベーション低下など精神的な影響を及ぼす場合もあります。
そのため、シーバー病はお子さんだけでなく、親御さんやスポーツ指導者においても病態を十分理解していただきたい疾患です。

子どものかかとの痛みは放置せず、早めに整形外科を受診しましょう。

当院では、患者さん一人一人の症状に向き合って診察し、保存的治療から手術可能な医療機関紹介まで、安心できる治療を心がけています。
これからも子供たちが楽しんで、スポーツに取り組めるよう応援しています。

WEB予約
049-265-5639