こんなお悩みありませんか? こんなお悩みありませんか?

膝の痛みの原因は?

Q 膝の痛みの原因を教えて下さい

膝の痛みの多くは
変形性膝関節症によるものです。

変形性膝関節症は、加齢や内反膝(O脚)、体重などが原因で発症します。膝関節の軟骨がすり減り、痛みが生じます。初期は立ち上がりや正座の時だけの痛みですが、進行してくると階段の昇降や通常の歩行にも支障をきたします。
従来の治療法では、初期は痛み止めやヒアルロン酸の注射などを行い、進行して骨の変形が起こってしまった場合は人工関節の手術が中心になってきます。

再生医療は、ヒアルロン酸などで痛みを改善しない方で、いろいろな事情で手術療法は避けたいと考える患者様に有効な治療法になります。

靭帯や関節に
再生医療は有効か?

Q 関節、半月板、靭帯に再生医療が有効なのでしょうか?

有効です!

人間には、損傷した組織を回復させる、自己再生能力が備わっています。この自己再生能力は、血液中にある、血小板という細胞に含まれる様々な生理活性物質が働くことで機能しておきます。したがって、この自己再生能力は、血液の流れが在るところに働くということになります。

ところが、関節の軟骨や、靭帯といった組織には、「無神経、無血管組織」とよばれており、血流がありません。したがって血小板の働きは得られにくく、自己再生能力が低い場所であることがわかっています。

お気軽に
お問い合わせください

治療方法

PRP療法

PRPとは、多血小板血漿(platelet rich plasma)の略です。血小板は血液中にある細胞で、血液を固める力の他、様々な生理活性物質が豊富に含まれており、この成分が損傷した組織の回復を早めていきます。
しかし実際の血液中には、血小板は割合はわずか1%未満しか含まれておりません。またこの血小板中にも、損傷した組織の再生に有効な生理活性物質はわずかなのです。そこでPRP療法では、血液を50mlほど(ヤクルト1本分よりやや少ない程度)血液を採取し、遠心分離器で血小板が豊富な部分だけを5mlほど抽出します。あとは靭帯や関節など、損傷している組織に注射するだけで治療は終了になります。皮膚を切開して組織を取り出したり、移植したりは全くしません。もちろん入院も必要ありません。
効果は早い方で3日程度、遅い方でも1か月程度で出てきます。痛みが改善し、持続効果は1か月~最大1年ほど痛みが改善している方もいます。靭帯組織に関しては完全に治癒する例もあります。
また野球肘やテニス肘などの障害にも、炎症部位の回復が認められている報告が多数あります。変形性関節症に対するPRP療法は、変形が進行していない例(K-L分類でgrade Ⅲ)では痛みの改善が報告されており、治療効果が十分期待できます。軟骨が再生し、病気が治癒する状態までの回復はまだデータ不足であり、根本的な治療法としての確立が期待されています。

おすすめ PRP-FD療法

PRP-FDは血小板由来因子濃縮物(Platelet-derived Factor Concentrate Freeze Dry)の略です。PRP療法は血液から血小板を凝縮し、その液体を幹部に注入する治療ですが、PRP-FDはこのPRPを高濃度に凝縮し、成長因子だけを抽出します。1度の採血で複数回の治療が可能です。
PRP-FD療法のメリットとしては、この加工をすると、通常のPRP療法に比べて、血小板を高濃度に濃縮するので、得られる成長因子も濃度が高くなり、成長因子の総量が2倍になることがわかっています。またフリーズドライ加工をしますので、加工後に成長因子の濃度が時間の経過があっても低下しないというメリットがあります。成長因子常温で6か月間保存が可能ですので、血液採取後、患者様の都合のいい時に来院し、治療をすることができます。
通常のPRPやAPSより腫れにくいので、デメリットというよりは注射後数日の腫れや痛みが出現する程度です。
方法は、採血後に、厚生労働省に認可された施設に依頼して2~3週間後に作製が完了します。この製剤を膝関節に注射します。

院長の再生医療に
関する想い

一人の患者様のお話になります。

開業前(7-8年前)に務めていた病院で、変形性膝関節症の女性の患者様がいらっしゃいました。
当時は再生医療がまだメジャーではなく、手術を勧めました。
しかし旦那さんもご病気だったこともあり、入院やリハビリなどを時間をかけて治していくのはどうしても出来ないという環境でした。
それ以外の選択肢としてヒアルロン酸の注入や、ステロイドの注射を行い手術可能な時期を待っていました。

その患者様は開業後も来院して頂いており、ある時手術をしたいと仰って頂きましたが、私自身、開業後は手術から遠ざかっていたこともあり、前勤務先の先生を紹介することにしました。
しかし、その患者様はありがたいことに手術をするなら石神先生にお願いしたいと仰って頂き、手術は保留となりました。

そんな中、この患者様の膝の痛みをなんとか取り除いてあげたいという気持ちから、
徐々に症例なども増えてきていた再生医療を勧めました。

注射をした1ヶ月後に 「先生、膝に痛みがありません。本当にありがとうございます」
と喜んで話してくれました。
それを聞いて私も非常に嬉しかったのを覚えています。

そして、再生医療は「手術を出来ない方」「手術が怖い方」「変形が少ないけど予防したい方」には本当に良い治療なんだと実感する経験でもありました。

そこから他の患者様にも再生医療を勧めることで、多くの患者様の痛みがなくなっていきました。
当院ではまずは無料個別相談を承っておりますので、ぜひご相談ください。

院長 石神 等 (いしがみ ひとし)

治療実績

PRP-FD療法

600
※2020年4月〜2022年3月現在

治療費について

近年、日本国内でPRP療法に対する研究や普及が進んできていますが、
今のところ健康保険は承認されていません。そのため、PRP療法は「自由診療」となります。

PRP-FD治療
1回15万円
(税込)

治療費が高額な為、当院では事前に無料個別相談を行っております。
膝の悩みでお困りの方はご相談ください。

治療費に関するよくある質問

他の病院では25万円〜30万円くらいなのになんでそんなに安いのですか?
当院はありがたいことに保険診療でたくさんの方に来ていただいているおかげで、「再生医療をもっと身近に」をモットーに自費診療である再生医療の治療費を限りなく安く設定できています。
他の病院で「PRP療法」という再生医療をみたのですが、「PFC−FD療法」と何が違うのですか?
PFC−FD療法は通常のPRP療法と比べ成長因子と言われる有効成分が倍以上含まれていると言われています。また、PRP療法が一般的に3〜4回治療が必要になるのに比べ、PFC−FD療法は1回の治療で個人差はありますが1年半〜2年くらい効果が持続します。1回の料金はPRP療法の方が安いですが、合計の治療料金にあまり差が出ないこと、有効成分の量がPRP療法に比べ、倍以上と言われていること、治療回数が少なく患者様の負担が少ないことから、PFC−FD療法を当院では患者様に提供させていただいています。

お気軽に
お問い合わせください

クリニック紹介

診療科目
整形外科、小児整形外科
リハビリテーション科
住所
〒350-1110 埼玉県川越市豊田町3-11-2
(駐車場38台完備)
電話番号
049-265-5639
診療時間 日祝
09:00〜12:00 / /
15:00〜18:00 / / /

休診日:木曜、土曜午後、日曜、祝日

診察の流れ

STEP 1 無料個別相談

下記より「無料個別相談」メニューでご予約をお取りください

STEP 2 相談当日

専門のスタッフより、膝関節の再生医療に関する詳しいご説明を行います。
また、気になることなど何でもご相談ください。

STEP 3 採血

静脈より血液を49mlを採取します。

STEP 4 注射(3週間後以降)

患部に注射を行います。
その際の入院、手術は不要で、注射のみで完結します。

よくあるご質問

どのくらいで効果出るの?
早い方で2~3週間、遅い方で2ヶ月ほどで効果をご実感いただけているようです。
効果はどれくらいもつの?
効果は人それぞれですが、研究では平均して1年後が効果のピークになるという結果が出ています。2年間痛みが出なかったという報告もあります。
本当に効くの?
90%の患者さまの痛みが改善しています。
採血から注射の間はどれくらい?
3週間頂いております。
(再生医療法に基づいた体制、許可を受けた施設に加工委託を行っております。)
血液は何cc抜くの?
約50ccです。
ヒアルロン酸注射やステロイド注射と何が違いますか?
自己血液から傷の修復に働く物質だけを特殊な技術で取り出し、患部に注入するので、抗炎症作用・自己治癒力が高まり、慢性的な痛みに対して薬剤の一時的な効果とは違い、長期的な改善が期待できます。
副作用はあるの?
重い副作用はありません。注射による腫れや痛みが出る場合があります。
ヒアルロン酸やステロイド注射の制限は?
採血当日のヒアルロン酸注射は可能です。 ステロイド注射は、注入の手前1ヶ月以上は空けておきましょう。 注入後3か月間は効果をみるためヒアルロン酸・ステロイド注射は控えています。
採血前~注入後の活動制限は?
採血前後の活動制限はありません。
注入後当日は入浴・飲酒はお控えください。シャワー浴は可能です。
注入直後から日常動作の制限はございませんが、エクササイズやランニング、テニス等の激しい運動は1週間後から徐々に開始してください。
普段飲んでいる薬は続けていいの?
問題ありません。注入後の痛み止めはカロナールを推奨しております。
たくさん薬飲んでいるが、採血に支障ないか
お薬による制限はありません。心配な場合は医師にご相談ください。
注入後患部に湿布貼っていいの?
問題ありません。
注射当日はリハビリできるの?
できます!
注射当日の激しい運動は控える必要があるのでマッサージ中心のリハビリになります。
医療費控除対象になるの?
対象となる場合がございますので領収証をとっておくようにしてください。
先進医療給付対象になるの?
PFC-FD™は先進医療に当たらないので給付対象になりません。
※PFC-FD™は、セルソースの提供する商標です
他と比べて何でこんなに安いの?
患者様の治療の選択肢が広がり、再生医療をもっと身近に感じられるよう、当院では価格 を限りなく低く設定しております。
正式名称は?
PFC-FD™(PRP由来成分を濃縮したよ、との意味)
※PFC-FD™は、セルソースの提供する商標です
そのうち保険適応になるの?
今のところ保険適応になる予定はありません。

お気軽に
お問い合わせください