外側上顆炎(テニス肘・ひじの痛み)

症状

主に肘の痛みですが、肘を動かすより、モノを持ったりパソコンを使ったりで痛みが出てきます。手首を動かすと肘が痛いというのが特徴です。

原因

手関節を上に動かしたり、や指を進展(開く、パーする)するための筋肉は、すべて肘の外側にある外側上顆にくっついています。その根元でのいわゆる腱鞘炎です。テニスやゴルフなどのスポーツで起こることが多いため、別名で「テニス肘」ともいわれます。年齢とともに筋力が衰え、日常生活でも徐々に疲労からの慢性炎症が生じ、「コップも持てない」などの痛みが出てくることもあります。ここまでくると日常生活に大きな影響を及ぼします。

検査

一般的に腱鞘炎であるため、レントゲン検査などで骨に異常は見られませんが、まれにレントゲンで腱に石灰化を伴っているときがあります。診断の方法としては、肘の外側を押すと痛がる所見や、手関節を医師が抑え、「手首をそらせてください」としてもらうと痛がる現象(Thomsenテスト)があります。

治療

軽症であれば貼り薬や塗り薬で改善しますが、物が持つのもつらいほどの痛みがある場合は、注射による治療が最も効果的です。注射翌日にはかなり疼痛が改善し、およそ1~2か月は効果が持続します。その間に温熱治療、レーザー治療などの物理療法を継続してやることで、炎症を根本から改善していきます。

当院でも症状が強い場合は注射をおすすめいたしますが、注射による治療に抵抗がある場合は、レーザー治療を行ってまいります。全く無痛ですので安心してご依頼ください。