交通事故治療(むち打ち・打撲・外傷)

交通事故後の痛みの治療

不幸にも交通事故に遭遇してしまった患者様は、様々なケガ(むちうち、腰痛、打撲、骨
折、頭部外傷、すり傷など)をしてしまいます。そして、様々なストレスが出現します。

最も多いのが追突されてしまったことによる頸部~腰部の痛みです。交通事故は想定外に受傷したときのエネルギーが強いため、症状が長引いてしまうことが特徴です。患者様によっては3か月~6か月に及ぶ時もあります。また肩こりや頭痛、吐き気などの症状も出てしまうことがあります。

交通事故によるケガの問題点

  • 予想外の衝撃からくるケガの痛みにより、少なからず長引くことがある。
  • 加害者×被害者の関係や、自動車保険(自賠責保険や任意保険)、警察の介入、職場への連絡など、ケガをしているにも関わらず、治療に専念できないような不慣れな出来事に対応が必要である。

主な治療は飲み薬による鎮痛、貼り薬や塗り薬による治療、そしてリハビリ室でのマッサージ治療があります。

当クリニックでは、患者様の身体的、心理的な問題を真正面から受け止め、治療を致します。また交通事故によるケガの患者様に少しでも安心して治療に専念できるよう、警察や保険会社とのやり取り、職場への働きかけをアドバイス致します。どんな小さな心配事でも、気軽に院長、スタッフにご相談ください。